顔汗がひどいと、それだけで毎日が不安になってしまいますよね。

そんな顔汗は意外と簡単に止める方法があるんです。

顔汗防止プロジェクトでは顔汗に悩んでいるあなたの為に顔汗を止める方法をまとめています。

顔汗の原因

顔汗は主に

  • 温熱性発汗
  • 精神性発汗
  • 味覚性発汗
  • 汗腺が寝ている

の4つが原因で発生する症状です。

簡単にこれらの症状について確認していきましょう。

温熱性発汗

温熱性発汗は体温が上昇した時に汗が出る症状です。

あなたの体温が上がったことによって顔汗が出ている可能性があります。

精神性発汗

精神性発汗は緊張等によって交感神経が刺激されて汗が出る症状です。

緊張や寝不足などが原因で交感神経の働きが過敏になることで顔汗が出ている可能性があります。

味覚性発汗

味覚性発汗は辛い物を食べたときに汗が出る症状です。

辛い物を食べたときに体が反応して汗が出ている可能性があります。

汗腺が寝ている

長期間汗をかかない生活をしていると体の汗腺が眠って働かなくなります。

そのため、ある程度普段から汗をかく顔のみに汗が出てしまい顔汗の症状が出てしまっている可能性があります。

顔汗を止める方法

顔汗を止めるには

  • 制汗剤を使用する
  • ツボ押し
  • 半側発汗を利用する
  • 自律神経を整える
  • 首などを冷やす
  • 運動をする

等の方法があります。

簡単にこれらの方法を見ていきましょう。

制汗剤を利用する

顔に使用する制汗剤は主にクリーム状になっています。

そんな顔汗専用の制汗剤は、顔に使用しても問題ないように肌に優しくできています。

また、肌に優しいにも関わらず、強力な制汗効果も持っているため、顔汗に悩んでいる方の多くが愛用している方法です。

簡単に汗を止めれる方法なので、一度試してみてください。

ツボ押し

汗は交感神経が過敏になっているときに出るものです。

そのため、ツボ押しをして副交感神経を働かせるようにすることで顔汗を止める効果が得られます。

半側発汗を利用する

舞妓さんが使っている顔汗をかかない方法で、胸から5㎝上辺りを紐や帯で縛って圧迫することで、紐より上の部分の汗を止めるという方法です。

この方法は紐より下部位が通常より多くの汗をかくようになります。

自律神経を整える

顔汗は自律神経の乱れで発生している可能性があります。

そのため、食生活や就寝時間など、生活リズムを整えて、自律神経が正常に働くようにして挙げると顔汗が止まる可能性があります。

首などを冷やす

あなたの顔汗が体温上昇による温熱性発汗であるなら、首やわきの下などを冷やして体温を下げましょう。

温熱性発汗は体温が下がればおさまります。

運動をする

体の汗腺が働いていない状態だと、顔汗が止まらなくなることがあります。

汗腺を休んだ状態からちゃんと働く状態にするために運動をすると、顔汗が止まる可能性があります。

顔汗を止めるには

顔汗を止めるには、

  • 汗が出る前に対処する
  • 汗が出た後に対処する

の2つの方法があります。

基本的には汗が出る前に対処するのが顔汗を止める方法のセオリーですが、やはり汗が出てからの対処も必要になるときがあります。

そんなときの為に顔汗を止める方法は1つではなく複数の方法を知っておくことが大切です。

顔汗は治る症状なのか治らない症状なのかはお医者さんでも判断しづらいもの。

少しでも顔汗の悩みが軽減されることを祈っています。

Copyright© 顔汗防止プロジェクト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.